開いた毛穴がシミに!?

シミの原因は開いた毛穴

シミの大きな原因になっているのが開いてしまった毛穴です。
毛穴は本来閉じているものですが、古い皮脂や角質が固まって詰まってしまうと、毛穴の入り口が開いたままになってしまいます。

 

毛穴が開いたままになると皮脂が黒ずむ上に、肌がデコボコしてしまい、その毛穴の縁やデコボコに沿って日焼けムラのようなものができはじめます。
このムラを放置してしまうとその部分の色だけがどんどん黒くなっていき、非常に目立つシミになってしまうのです。

 

毛穴が開いたままになる原因は、皮脂や角質が洗い流せていないこと以外にも存在します。特に注意したいのは過剰に毛穴パックなどを行うことです。
毛穴パックは確かに目に見えて皮脂がとれているので、ついクセになってしまうのですが、剥がす際に皮膚を強く引っ張ってしまうため、毛穴の開きを大きくしてしまうこともあります。できるだけ使用回数は少なめに、間隔をあけて使うようにしましょう。


開いてしまった毛穴を元に戻すには

開いてしまった毛穴を元に戻す方法ですが、まずは詰まっている皮脂や角質を取り除くことが大切です。

 

クレンジングや洗顔を行う前に、温かいタオルなどで毛穴を開いた状態にしましょう。
毛穴をさらに開いてしまっていいの?と疑問に思われる方がおられるかもしれませんが、毛穴は中に詰まっているものがなければ自然と閉じていきます。
まずは入り口をしっかり開いて、中の汚れや老廃物をしっかりと掻きだしてしまうことが大切なのです。

 

ぬるま湯でしっかりと汚れを落としたあとは丁寧なスキンケアを欠かさずに行ってください。
化粧水などを多めに使い、乾燥しがちになる洗顔後の肌に自然な柔軟さを与えて、毛穴を閉じやすくしましょう。
冷やしたもので肌を引き締めるという人もおられますが、常温、もしくは少し温かめのほうが、化粧水は馴染みやすいです。
毛穴が開き気味の人は化粧水の浸透を優先したほうがよいでしょう。

 

美白に効果があるもの